転職のために動き出した話

 

遂に転職のためにエージェントに登録し、面談をしてきました。

 

転職したいと思った一番の理由は、今後この会社だとデザイナーでいられなさそうだからです。

自分に足りないものは自主的に補い、残業してでも納期を動かさず必死に仕事をして

すべての業務を一人でこなせるようになりましたが、この先コンテンツに未来がない..と

判断しても過言ではない出来事があったので転職に向けて動き出しました。

 

辛かったけど企画〜制作〜納品までやらせてもらえたこと、

採用から会社の中枢部分に入って組織貢献ができたこと。

会社のおかげで人見知りな性格も人前で冷静にスピーチやプレゼンができるレベルまで成長しました。

 

すべての苦労がちゃんと次の会社に入るために役立つと知ったので

明日からの仕事も少し気が楽になります...!

自主制作も頑張るぞ!おやすみなさい!

 

JUGEMテーマ:日常

Diary comments(0) -
最近の学び:空間デザインの考え方と資料の集め方

 

■社内イベントなどの催しの提案

 

ブースなどをデザインする場合はとにかくお金がかかるし、実現できるかがカギになる。

外見だけでなくあらゆる軸を持ちつつ考える必要がある。

 

1.変えることのできない要素をリストアップする

2.上記を踏まえた上で以下の4点を考慮し考える。

・観客目線軸・観客の動線からして効果があるか?

・タイムスケジュール軸・催しのフェーズごとに効果のある演出があるか?(印象に残りやすい)

・会場軸・会場に許可は下りているか(例えば食べ物はNGとか)?会場の設備的に通るのか?

 

上記三点を踏まえた上で金銭軸が出てくる。

 

・金銭軸:予算的にいけるのか?

 

理想的なのは金銭軸にランクを付けること。松竹梅で金額と見栄えを提案しておくと

途中で松案が通りにくくなったとしても、梅案で代用できる!というところまで落としきる。

現場を何度も下見して、何ができるのか?を把握した上でデザインを考えること。

 

 

■慣れない業務のアイディアの出し方

 

いつもやっているコンテンツのデザインと畑違いのデザインとでは資料の集め方が違う。

いつもやっている〜の感覚的な部分を資料で埋める必要があるからだ。

水野学氏の本にもあったけど、デザインとは【奇抜なアイディアを考えること<<普通を知った上での工夫】

なので、pintarestを漁る前にどういうものを作って欲しいと言われているのか資料で知ること。

食べ物で例えると、食べたことのない料理を作る前にまず味見してからそれから作るって感じ。

 

今回は氏グループ会社で同じ催しをたくさんやっていて写真もムービーも残っているのにも関わらず

何も調べないでいきなりディティールの部分を詰めてしまった。

途中で資料を見ていて共通点や上手い見せ方を気がついて視野の狭さに気づけた感じです。

今まで他の業務でもやってしまった気がするので多分私の癖だと思う...

 

やったことないこと、知らないことを閃きからデザインにするために

この経験を生かしたいな....自分にフィルターさえできればあとはどんなものでも作れるもの!

 

 

■勉強したいことメモ

・レイアウトとルール

・色彩

 

いつも私の頭の中は創作本を作ることで頭がいっぱいです。

で、それをいいものにするために創作力と画力の鍛えられる今の仕事に就いたのですが

業務外でグラフィックデザインをやらせてもらって、デッサン力をつけるよりも

レイアウトと色彩を勉強したほうが早くクオリティあげられるのでは..?と思ったのです。

 

私が作りたいのって紙媒体って決まってるし、レイアウトと色ができればトンマナ作れるから

一気に世界観固められるし何よりそこまでできる人ってなかなかいないと思う...

デッサン力は簡単に身につくものじゃないけどレイアウトと色彩は現在知識がほぼ0だから

ここから勉強したら一気にいいものができるかもしれないしやってみようと思います...

 

今は毎日12時退社で土日も仕事してるけど、10月超えたら少しはマシになるはずだから頑張ろう...

でもこういう気づきも成長も仕事を本気でやったから悟ったことも忘れないでおこう...

 

JUGEMテーマ:日常

Diary comments(0) -
最近の学び


●シナリオ担当の先輩の名言

小さなこだわりを100個つくる
それだけ作ってユーザーはうちのひとつに気づいてくれる!!!


●ものづくりのための資料:アイディア編


資料を集める時は【グループ】と【階層】を意識する事。

例えばキャラデザなら…

1.キャラデザで一番いいと思う資料 → 人気&好き、世の中のいいもの
2.全体のテイストの資料 → どんな雰囲気?ロリータ?ゴシック?
3.構造の資料 → どんなポーズ?人体ってどんな作りだっけ?
4.装飾の資料 → どんな服?服ってどんな形?どの重力?
5.細部の資料 → どんな服の柄?こだわり?

 

という感じで細分化して資料集めする。 大体どこかの資料が抜けるとそこで悩む。
あと個人の傾向として3と5がイメージしやすくて、1と4が抜けやすい気がする…

これはキャラデザで学んだというよりも グラフィックデザインを教えてもらって学んだ事。
もっと設計が出来るように勉強します。

 

 

●グラフィックデザイン:比較して一番いいものを選ぶのがいい進め方

 

レイアウト初心者がグラフィックデザインをやるならば

とにかくいろんなパターンを作って一番いいものを選ぶくらいの進め方がいい。

資料の様に階層を意識してそれぞれパターンを作るのが提案の仕方としていい。

 

(プロの人が言う、ロゴが小さい、大きいやレイアウトの知識がない場合

いっぱい作って比較することでいいバランスが見えてきたりするから)

 



仕事しんどいけど今日創作してみてやっぱり早く&上手くなってる。
今の仕事キツくて辞めたくなるけど何一つ無駄じゃない。
明日は本気で仕事するぞ。おやすみ。

art comments(0) -
ただの日記

 

ずっと悩んでいたことがすっきりしたので記念にブログを書きます。

 

案だし以外の作業の時に「めんどくさい」ってなる事が多くて

そんな気持ちで絵を描いていてもいいのだろうかと悩んでいました。

尊敬するイラストレーターさんや友人たちが絵を描くことって

「癒し」とか「楽しい」って言っているのを見て

わたしは一生この人達と同じ土壌に立てないだろうなと落ち込んだりと...

だけどさっき下の記事を読んでああそれでもいいのだなと思ったのです!

 

■宮崎駿の「めんどくさい」は、モチベーションの真髄

http://www.web-freelance-life.com/?p=538

 

これを読んで駿氏でもそんな事があるのか...!と驚きました。

めんどくさい工程を乗り越えた作品って描いた自分にとってもお気に入りになりますよね。

完全に主観的な意見ですが、ただ楽しいって気持ちで描いた落書きとか忘れてしまう気がする。

今書いている絵は最高にめんどくさくてつらい気持ちになりますがこれは自分との戦いだと肝に銘じて頑張ろう。

 

創作のペースアップのためにデフォルメな絵柄に転向しようかと思って描いたラフです。

結果としてやはり今までの絵柄でやることにしましたがこれはこれで好きです。

明日からまた制作頑張るぞ。

 

JUGEMテーマ:お絵描き

Illust comments(0) -
鍵穴の乙女2

iPhoneImage.png

 

鉛筆で書いているイラストの進捗。

このやり方時間がかかるのに修正時間かかりそう...

でも鉛筆で書くのはすごく楽しかったのでもう少し試してみようと思います。

 

次のコミティアのためにいろいろと決めました。

とりあえず今度こそポスカセットを出したいので頑張ります...!

11月のティアまでに8枚のイラストを描くことになりましたが

ちゃんと間に合うだろうか...

 

自分が見せたいところとか勝負したいところから逆算しないと

鉛筆で書く意味もなくなってしまうのでもっと考えよう...

将来的に背景とか男の子も描きたいから絵柄も込みで考えねば..

 

JUGEMテーマ:お絵描き

Illust comments(0) -
鍵穴の乙女


今回の絵頑張りたいので定期的にブログで進捗を載せていこうかと思います。

この絵は創作本で挑戦した、アナログでグリザイユのベースを作り、デジタルで色彩と仕上げを施す描き方をさらに密度を上げることを目標として描いています。

色んな技巧書を読んで、人の描き方の真似をしたりしましたが、仕事や受験勉強で身につけた技術を活かしつつ表現の差別化をしたいので今回はこのやり方で描くことにしました。

顔も服のシワも納得いくまで描きなおす。これから描いた作品たちを並べてどれも愛しいと思えるくらい大切に描いていこうと思います。

Illust comments(0) -
禁断の実 ほおばっては

 

遅くなってしまいましたが、コミティアどうもありがとうございました。

ここ最近モチベーションが上がったり下がったりでしたが

いろんな方とお話ししてすごく元気が出ました...

 

twitterの過去絵をみると一体自分が何を書きたいのか

わからなくなるくらい迷走していましたが、イベントに出て

わたしはこういうものが作りたくて、こうなりたい!みたいなのが

ぼんやりと見つかったので良かった...!

 

今はサイトのtop絵と創作本のコンセプトの様なもの作ってます。

共通の装飾とかtop絵とかできたらtwitterのプロフ画面に載せる予定です。

 

ちょっと最近仕事で嬉しいことがあったのでメモ。

普段はゲームデザイナーをやっているのですが

最近作るもののクオリティが上がってきて社内でわたしのクリエイティブが

好きだと言ってくれる人が少しづつ増えてきて、それが売り上げに比例していて嬉しいです。

前はうまいと言われたくてそう言った練習ばかりしていましたが

やっぱり好きと言ってもらえるのが一番嬉しいので

少なくとも創作はもっと自分の好きなように描き、好きなように色を置いて描こうと思います。

もっと絵の中に遊び線とか、ただの好みで入れた色を入れて好き勝手遊びたい!!

 

JUGEMテーマ:日常

Diary comments(0) -
綱渡りのevery day

 

4月で新卒3年目のデザイナーになりました。

(大変紛らわしいのですがまる2年働いたということです。)

相変わらず忙しい毎日ですがデザインのスキルは着々と身についている気がします。

 

そういえば先月母校で会社説明会をやらせていただいた時自分の学生時代を思い出しました。

わたしは美術大学出身なのですが、当時から本当に劣等生でいつも自分の作品にコンプレックスを抱いていました。

というのも美大には学生のうちから美術の道で独立している人や評価されている人がたくさんいて

この世界で生きて行く事の難しさを日々思い知らされるのです。

 

自分の生きたい道を技量が足りないせいで歩けない...と落ち込んだ時が丁度、就活の時期でした。

会社に入ってバリバリ仕事したらいつか彼らと同じ土俵に立てるかもしれないとふと思い

勢いのあるソーシャルゲーム業界で働こうと決意したのです。

 

同じ土俵に立つことはまだまだ難しいですが、必要なものは着々と手に入れていると思います。

少なくともあと1年は今の会社でみっちり修行しようと思っていますのでまだまだ伸びるはず...

土日も潰して仕事している時はすごく落ち込みますが振り返り見て正しい選択をしてきていると

思えたのであと少し頑張ろうと思います。

 

= = =

 

コミティアの進捗いいとは言えませんが頑張ります...

仕事と違い間にあわせることよりも自己満足度に重きを置いているので

何も出せないかもしれませんが全力は尽くします...!

 

JUGEMテーマ:日常

Diary comments(0) -
コミティア進捗

 

コミティアの原稿を進めています。

ポスカの予定でしたが、ずっとやりたかったお話カードを制作予定です。

 

絵を描く上で色々と悩む事がありますが

一番大切なのは時間を忘れて夢中になれるくらい好きな絵を描いてるかな気がする。

今回の絵は長かった冬の時期を終わらせてくれる一枚になるかもしれません...

 

 

JUGEMテーマ:お絵描き

Illust comments(0) -
ラデュレのマカロンを食べながら

 

今日は土日出勤の代休で1日休みを頂いたので渋谷〜新宿あたりをぶらぶらしました。

 

お出かけする前に今日はどういうインプットをする日にしようか考えたのですが、

次回のティアではかわいい色(パステルカラー系)を使って何か作りたいので

可愛くてデフォルメされてるけど子供っぽくない&アニメ感がない絵にするための

ヒントを探しに行くことにしました。

 

うまく結論として、言えないのですが...

 

・モチーフの選び方

・線の描写の繊細さ・太さ

・テクスチャ感

 

このあたりを感覚で差し引きすればいい感じになるかな...

お洋服ブランドや雑貨をイラストで置き換えて自分用のデザインマップ的なの作りたい。

 

===

 

【memo】

 

・二ヶ月もあったのに500枚チャレンジ20枚しかできてない...!

・苦手なものも克服しつつ、得意なことをもっと得意にしたい。

 

 

JUGEMテーマ:日常

Diary comments(0) -
<< | 2/4 | >>